※前の続きです。
 まだご覧になられていない方は前回のブログ前回のブログをご覧ください。

実際に女性と会う時も駆け引きは最低限必要だが、チャットレディに関しては駆け引きは必須項目である。
(これはあくまで私の方法です。参考までに)

前回も話をしたが、私はアダルトチャットで絶対に女性を脱がせない。
チャットレディの過半数は「いかに脱がないで稼ぐ。」ということを考えている。
カメラの前で知らない人に裸を見せるという行為、本当ならしたくはない行為だからだ。

私はいつもチャットに入った場合、大まかなフローに沿って会話を進めている。

まずは絶対に褒めること。

「綺麗だね」「かわいいね」はたぶん誰もが話してること。
そのワードは何回聞いても悪い印象を受けたりしないが、正直聞き飽きている。
私の場合はただ言うだけではなくて、カメラで映っている本人の身体のパーツを褒める。
一番効き目があると思ったのは

「あなたの〇〇がいい!!」

身体のパーツを褒めるのである。
正直どれが良くてどれが悪いなどの基準はさすがにないのだが、私の経験上これが一番効き目がいい。
私は相手の最低限の情報(名前、年、スリーサイズなど。もちろん偽りだが。)を知っているが、こちらの情報はニックネームしかわからない。
最初は女性も私がどのように最初の一手を出してくるのかを気にしている。
そこで繰り出される一言にとりあえずはびっくりすると思う。
そのフレーズはチャット中随時発言していく。
「あ、やっぱり○○いいよね!」
ふとした時に話すことで私はあなたに興味があるというアピールになる。
女性たちは褒められることに気を悪くしないからだ。

次にすることは旦那、彼氏がいるかの確認をすること。

もしいると言った場合、「知られたらまずいんじゃないの。」と切り返えせるし、大抵のチャットレディは「いない。」と答える。
私はそこから話を作っていく。
「いない」と答えた女性に

・こんなに綺麗(かわいい)のになんで作らないの?
・言い寄ってくる男性たくさんいるでしょ?
・近くにいたら絶対に声をかけてしまう。

など、話の中で放り込む。
これも言われて気を悪くはしない。

すると、なぜパートナーがいないのか会話のキャッチボールができる女性は話をしてくれる。
こっちはうんうんと同調をしてあげる。

基本、話を聞いてあげるスタンスで進めていく。

こっちの話は聞かれた時に答えればそれでいい。
ほとんどのチャットレディはこっちの話に最初は興味がない。
聞いてあげることでどんどん安心感が沸き、「いい人だから、知ってみたい。」という興味をわかせる。

そこからは自由トーク。

話が盛り上がらなければ、「電話が入った、また来るね」などと言って終わればよい。
話が盛り上がればだんだんチャットレディは楽しくなってくれるし、その分収入になるので一石二鳥なのだ。
私のことをいいカモだ!と思う。

最初はその掴みでOK。
約1時間かけて私という男はいい人!と洗脳させることが必要なのだ。

とりあえず今日はここまでにしておこう。

次回へ続く




にほんブログ村 恋愛ブログへ